契約書の作成なら大阪ラポール行政書士事務所

まずは一度ご相談ください

あなたの契約書は、会社をしっかり守れる契約書ですか?もし、少しでも不安があるのであれば、一度ご連絡いただくか、本ページを読み進めてみてください。きっと、ラポール行政書士事務所はあなたのお力になれます。

cep

プロフェッショナルの徹底した支援を
あなたの不安を自信に変える契約書

「行政書士ってどんな仕事?」と知らない方もいるかもしれませんね。簡単に言うと行政書士は、法律の専門家の一つであり、特に「申請書などの書類作成の専門家」です。具体的には、権利義務または事実証明に関する書類のために、「書類を代理人として作成する」「書類の作成について相談に応じる」といった業務がメインとなります。その中でも、ラポール行政書士事務所は、3つのカテゴリに自信があります。

ITベンチャービジネス法務

ITベンチャービジネス法務

ベンチャー企業は特にリスクに対して敏感になる必要があります。なぜなら、一つの失敗で全てを失ってしまう可能性が高いからです。以前の法務は「対処療法」と考える企業が多数でしたが、最近ではリスクマネジメントの意識の高まりにより「予防」を考える企業が増えています。

英文契約書作成

英文契約書作成

国際取引では、英文契約がデファクト・スタンダードになっています。そのため海外展開をお考えの方にとって、英文契約書は避けては通れないものとなります。とはいえ、日本語のひな形契約書をそのまま英訳してしまうことは危険です。当事務所は、契約内容のご相談から英文契約書の完成まで承っております。

外国人雇用に関する手続

外国人雇用に関する手続

もはや優秀な人材は国籍を問わずに探す時代です。当事務所では、外国人を雇用する際に面倒な入国管理局への手続代行を行なっております。許可取得の条件に合致するかどうかのコンサルティングも行いますので、ご安心してお任せください。

契約書は「知りませんでした」が通用しません。

契約書1つで、とんでもない失敗や損失を被るケースが
後を絶ちません。

cep

契約書で最も失敗するケースNo,1
それは「自分で書きました!」

picjumbo.com_IMG_7453

契約書や申請書類はインターネット上に山ほど落ちています。
しかしそれらをそのまま使うことが危険だということはご存知でしょう。そう、あなたのビジネスに最適なものとは限らないからです。

ここで、失敗してから当事務所へご相談に来られたお客様の考え方の例をいくつか挙げましょう。

・ 自社(自分)で簡単にできると思っていた
・ コストをかけたくなかった
・ 許可までにそんなに時間がかかるとは思わなかった
・ とりあえず書類さえ作っておけばなんとかなると思っていた

いかかですか?
もちろん当サイトに辿り着いたあなたはこのような考えを持っていないと思います。では、そのような意識の高いあなたにも注意していただきたい3つのポイントを以下に記載しますので、ぜひ参考にしてください。

あなたが「契約書」について、注意すべき
3つのポイントとは

point1

「トラブルにはならないだろう」という考えは捨てる

トラブルになってから相談に来られるほぼ全てのお客様は、「こんなことになるとは思っていなかった」と言われます。しかし、時すでに遅し。想像以上の金銭的、時間的コストを支払って解決しなければなりません。

point2

「契約」や「許可手続」というものを甘くみない

日本人同士だから阿吽の呼吸で大丈夫だろうと思っていませんか?
そんなものは血の繋がった家族であっても、契約事に関しては無いと考えてください。夫婦間や相続でモメるのがいい例です。
ましてや、相手方が外国企業であれば、頼れるものは取り決めが記載された契約書だけとなります。

point3

専門家というものは、あなたが思っているより敷居が低い

行政書士や弁護士など「士業」と呼ばれる専門家は、「堅苦しい」「偉そう」「話の内容が難しそう」という印象をお持ちの方も少なくありません。ですが、私の周辺では飲みに行くとバカな話しかしない、楽しい専門家ばかりです。私に至っては、長い間(現在も)バンドで音楽をやっていた人間です。
敷居が低すぎて、地面に埋まってしまっています。

IMG_5355

はじめまして。
ラポール行政書士事務所代表の杉本純一郎です。

契約書といっても、様々な用途のものがあります。何を目的にしているのか。なぜ必要なのか。どういった業種の内容なのか。その結果によって書き方も、項目も全く違う内容になります。せっかく作成した契約書が、無駄にならないために私たちがいます。

行政書士という仕事は、あなたを守り、事前に危険をなくす仕事です。そんな「行政書士」ですが、全国には45,000もの行政書士がおり、弁護士や司法書士を含めると、その数は約10万人となります。選択肢が多すぎるので、結局誰が良いのか、悩んだり迷ったりして当然でしょう。

さらに、業務の種類の違いはあれど、仕事のスピードやクオリティーはどこを選んでも大差はないかもしれません。なので、当事務所は『話しやすく・わかりやすく』というところに重点をおいています。さらに、事務所ごとに専門が異なるため、その道に長けた専門家とお客様のマッチングもいたしております。ご質問・お問い合わせで料金は発生しませんので、お気軽にご連絡ください。

名前-1

cep

料金表

業務内容 料金
相談料 20分 3,000円
契約書チェック 20,000円
秘密保持契約(NDA)や覚書など、文量の少ないものの作成 20,000円 ~
通常難易度の契約書作成 50,000円 ~
高難易度の契約書作成 80,000円 ~

お気軽にご相談ください

契約書で失敗するというのは、誰もが想像できないことであり、逆に「こんなことで」と相談に来られる方は、皆様声をそろえてお話されます。もう遅い!となる前に、一度相談してみてください。もちろん、お気軽にご連絡をくださいませ。

アクセスマップ

電車でのアクセス

大阪市営地下鉄 谷町線・堺筋線 南森町駅より徒歩約5分
JR東西線 大阪天満宮駅より徒歩約5分
JR大阪環状線 天満駅より徒歩約15分

住所

530-0044
大阪府大阪市北区東天満2-9-4
千代田ビル東館 7F

最新記事

  • 契約書は交渉のツール?

    作成者: | 作成日:2015年5月11日

    契約書というものは相手方との交渉の結果作成されるものであって、 交渉のツールとして契約書を使用することは極力控えましょう

  • 契約書作成の際にはチェックリストを!

    作成者: | 作成日:2015年2月27日

    ビジネスの様々な場面で契約書が必要になることと思います。 契約書の作成を我々専門家に依頼する場合は別として、 自社内(自

  • 契約書ができあがるまでの段階

    作成者: | 作成日:2015年1月14日

    契約書を作成するまでには何段階かの「作業」があります。 まずリスクやトラブルの洗い出し作業から行います。 できるだけ多く